借金生活を立て直すには借金一本化や債務整理

借入をする時は計画的にというのが鉄則ですが、手軽に借入出来るようになった事もあり複数の金融業からお金を借りている人は少なくありません。

 

しっかりと返済が出来ているうちは問題がありませんが、自分の返済能力を越えて借金をしてしまうと毎月の返済費に生活が圧迫されてしまうケースも少なく無いのです。

 

そんな生活を立て直すには「借金一本化」と「債務整理」という選択があります。

 

借金一本化は複数の業者からの借り入れをひとつの業者でまとめてしまう事で、返済先がひとつになり簡素化される他、利息の低い業者で一本化すれば返済の負担を減らす事も出来ます。

 

債務整理には「自己破産」「任意整理」「個人再生」といった種類があり、それぞれに手続き方法や特徴も異なっています。

 

自己破産では借金が0に、個人再生では借金が1/5または100万円に減額され基本的に3年間で返済をする様になっています。

 

そして任意整理は債権者との話し合いにより、借金の減額を求めていくものになります。

比較しよう!借金一本化・債務整理のメリットデメリットは?

借金一本化のメリットは、周囲に知られる心配がなく家や車といった財産が奪われる事も、生活に影響を与えることも一切ないという事です。

 

それでいて返済計画がたてやすくなり、毎月の返済も楽になるでしょう。

 

一方で借金一本化のデメリットは、どこの業者を利用するかによってその負担が大きく変わってくるという事です。

 

利息の低い業者は、審査に通過する事が難しいため誰でも有利な条件で一本化出来る訳ではありません。

 

下手をすればトータル返済額は多くなり、完済までに必要な期間が前より長引いてしまう事もあります。

 

債務整理のメリットデメリットは、どの種類を選ぶかによって異なってきますが、全てに共通するメリットとしては借金が減額されたり無くなったりすること。

 

借金の督促がストップすること等があげられます。

 

デメリットとしては、個人信用情報に記載されるため5年間~最長10年間は借金やクレジットカードなどの申し込みが出来なくなってしまう事があげられるでしょう。

 

その他債務整理は、弁護士や司法書士に依頼しなければ手続きが複雑というデメリットもありますね。

 

ただ借金一本化よりも大幅に借金が減額されたり、借金が無くなるというのは大きなポイントです。

 

ただ自己破産などでは、財産の制限があり住宅を手放さなければいけない事があります。

 

借金一本化も債務整理もそれぞれメリットだけではなくデメリットも多分にあるため、どの方法で生活を立て直すかはその後の生活を考慮した上でよく考えて行わなければいけません。

債務整理したらブラックリストに載るの?

債務整理とブラックリストには、ある程度の関係性があるといわれています。

 

よく、債務整理をすると、ブラックリストに情報が載ってしまうといった傾向にあります。

 

実際にブラックリストというものが存在するということはありません。

 

新規にカードローンを組む場合は、金融業者は個人の信用情報を必ず、信用情報機関に照会します。

 

そこに金融事故がある場合は、当然ローンを組むことができません。

 

現在利用しているカードについても利用できなくなる可能性があります。

 

任意整理を行った場合は、最低でも5年間は情報が掲載されます。

 

個人再生や自己破産の手続きをした場合は、10年間ということになります。

携帯電話の信用機関に登録される?

また、携帯電話等の情報も信用情報機関に登録されることがあります。

 

携帯電話の場合は、通常、支払いができなくなった場合は、次の指定期日までに支払いができない場合は、回線が止まることがあります。

 

また、数ヶ月延滞したことにより、信用情報機関に登録されてしまいます。

 

特に、携帯電話の新機種を購入して分割払いを行っている場合、次に携帯電話を購入する場合の割賦契約ができない場合がありますので、金額は少額でも登録されてしまい注意が必要です。

 

信用情報機関に登録されている情報は、5年は残ってしまうので注意が必要です。

 

信用情報機関には、延滞期間中ずっと情報が載り続けるということははあくしなければなりません。

 

大事なのは、毎月約定日にしっかりと請求された金額を支払うことであるということです。

債務整理にかかる費用について

最後に債務整理にかかる費用を紹介しておきます。

 

自分の不徳の致すところだとは言っても毎月訪れる借金の返済日になると残金はあといくらだろうとか、あとどの位で返済できるのだろうと心配になってしまいます。

 

でもだからと言って弁護士に相談するにはお金がかかります。

 

ただでは相談、解決はできないのでどうしても躊躇をしてしまうことがあります。

 

しかし民事法律扶助と言う公的な制度があります。

 

これはどの様な物かと言うお話をさせていただきますと、まず弁護士や司法書士には支払う費用にはどの様な物があるかと言いますと着手金と報酬金があります。

 

また破産や民事再生の手続については裁判所に支払う予納金があります。

 

そして予納金には官報掲載費用、破産の場合には破産管財人への報酬、また民事再生法における再生委員に対する報酬があります。

 

こう考えると債務整理をするには結構な費用がかかることになりますが、先にお話をした民事法律扶助を利用すると弁護士や司法書士への費用を立て替えてもらうことができるのです。

 

ですので手元のお金がなくても債務整理をすることができると言うことになるのです。

 

また民事法律扶助を使用すると弁護士や司法書士に対する報酬の額は所定の金額が決まっておりますので、同制度を利用した場合とそうではない場合では費用が格段に安くなるのです。

 

またこの民事法律扶助を使用するに当たっては一定の資産と収入の基準が定められていますので、もし債務整理をしたいのだが費用面で気になる方は一度弁護士や司法書士に相談をしてみると良いでしょう。

参考リンク

債務整理

債務整理・借金返済・過払い金なら債務ナビ!
債務整理・借金返済・過払い金について債務する前に参考になるサイトです。債務整理するとどうなるか?債務したら起こる問題などを体験から掲載しています。

借金返済

ローン返済(毎月払い) - 高精度計算サイト
借入金から毎回の返済額と借入残高を計算できるサイトです。シンプルで簡単に入力できて、使いやすい計算サイトです。

過払い金

過払い金請求(よくあるご質問)
過払い金請求について疑問、質問を担当弁護士がわかりやすく答えてくれているQ&Aページです。マスコミにも紹介された弁護士事務所です。