計算をすることで借金返済に向けて計画を立てれる

さて本日は借金返済と計算についてのお話をさせていただきます。

 

初めて借金をする時にはお金を借りる金融機関やローン会社から説明を受けて、元本にかかる利息はどの位だろうかとか、何時くらいに返済が終わるのかなどを考えながらお金を借りていたと思いますが、借金をするとどうしても常習性がありますので、気がついたらたくさんの額を借りてしまっていたと言うこともあると思います。

 

そう言う時には基本に戻ってもう一度色々な角度から計算をしてみることをお勧めします。

 

計算をすることでもう一度現状を把握して返済に向けて計画を立てることができます。

 

ではどのような計算方法があるかと言うことのお話をさせていただきます。

 

先ずは残りの借金を一括返済したいと言う時の、借金の元本に基ずく利息額の計算をするとします。(一括返済をすると言うことは元本と利息額の合計額になるからです。)

 

この場合には借りた金額と借りていた期間、そして利息(実質年率)の3つの項目額の分かれば計算ができます。

 

また今借りている借金を希望する回数で返済したい場合には借金の額、返済したい希望の回数、そして利息(実質年率)額分かれば計算ができます。因みに返済は1ヶ月に一度の想定です。

 

尚、借金を毎月一定の金額で返済する場合の支払い回数を計算したい場合には借金の額、そして毎月支払う金額、あと利息(実質年率)額分かれば計算ができます。

 

この様に皆さまが何を計算したいかによって今の世の中ではインターネットを活用して借金返済シミュレーションをすることができます。