過払い金の時効は10年

過払い金の請求はいつでもできるのではなく、時効があります。

 

その時効について詳しく説明すると共に、いつから時効のカウントが始まるのか説明していきましょう。

 

過払い金の時効は、借金返済が終わった時からカウントされます。

 

そして、10年間という長い期間が過ぎてしまうと、時効成立になります。

 

これは消費者金融などの会社が決めている事ではなく、民法として定められています。そのため、どこの会社で借金をしていようと10年の時効というのは共通です。

 

現在、借金の返済中ならば時効のカウントはまだ始まっていません。

 

過払い金請求は、まだまだ余裕を持ってできます。

 

しかし、すでに完済していて、もうすぐ時効というならば今すぐに弁護士に相談して過払い金請求ができるのか、どのくらい過払い金が戻ってくるのか聞いておきましょう。

二度の返済はいつから10年?

ちょっと複雑ではありますが、借金を二度している人は時効のカウントがいつからかというのが問題になります。

 

一回目の借金を完済して、もう一度借金をした場合はどこから10年の時効が始まるのかは、一回目と二回目の借金は関連性があるかというのを焦点に消費者金融に訴訟を起こします。

 

一回目の借金完済から10年となるか、二回目の借金返済から10年となるのか決めて、そこからどの借金が時効になっていないか調べて過払い金請求となります。

 

借金を複数回している場合で、さらに一回目の借金完済から10年が経とうとしているのならば、こちらも急ぎ足で弁護士に相談となります。

 

 

 

 

 

 

過払い金の時効はいつから何年間?二度借りた場合はどうなる?記事一覧

さて本日は過払い金の請求費用についてこお話をさせていただきます。昨今騒がれている過払い金請求ですがもう直ぐ期限となる10年が来てしまいますので今のうちに弁護士に相談をしておきたい物です。でも弁護士に相談をするにもどのような項目でどの位の費用がかかるのかが気になると思います。特にその中でも最初にかかる着手金に関しては色々とトラブルがありますので今回はこの着手金についてのお話をさせていただきたいと思い...

この記事を読んでいる方の中で借金をしている人は最近ちまたで騒がれている過払い金について興味はあるものの具体的にはどの様なものでどの位返ってくるのかが気になる所だと思います。まず元々消費者金融が皆さまにお金を貸すときには本来利息制限法と言う法律が適用されるので元金が10万円未満であれば年利は20%まで、100万円未満なら18%まで、そして100万円以上であれば15%までと決められているのです。しかし...