2010年以前に借りていた方は引き直し計算を確認しよう

この記事を読んでいる方の中で借金をしている人は最近ちまたで騒がれている過払い金について興味はあるものの具体的にはどの様なものでどの位返ってくるのかが気になる所だと思います。

 

まず元々消費者金融が皆さまにお金を貸すときには本来利息制限法と言う法律が適用されるので元金が10万円未満であれば年利は20%まで、100万円未満なら18%まで、そして100万円以上であれば15%までと決められているのです。

 

しかし2010年までは出資法と言う別の法律が定める年利29.2%を超えていなければ消費者金融が罰せられることはありませんでした。

 

ですので消費者金融としてはこの29.2%ギリギリの年利を皆さんに請求してり、これが俗に言うグレーゾーンと呼ばれる物になるのです。

 

具体的には例えば皆さまが100万円を29%と言う年利でも借りていたとします。

 

そうすると1年後には利息として29万円が付くことになり、元本を含めると129万円になります。

 

しかし本来であれば出資法ではなく利息制限法が適用されますので年利と致しましては15%になりますので元本を含めた総額は115万円となりまして、129万円から115万円を引くと14万円が過払い金として皆さまの手元に返って来ることになるのです。

 

これが、いわゆる過払い金となり、この計算については引き直し計算と言われているのです。

 

これらのことにより、2010年以前に消費者金融からお金を借りていた方は一度自分の借り入れに際して引き直し計算ができるのかどうか?

 

過払い金があるのかどうかを問い合わせてみると良いでしょう。