債務整理でも任意整理が一番多い

ローンの債務整理の中でもこの任意整理が一番多い方法になります。

 

方法と致しましては任意な借金を選んで金融機関と相談をしながら減額や利息のカットなどの話し合いを行っていく形となります。

 

これは皆さまが過去に借り入れをしたキャッシングやカードローン全てを対象としても大丈夫なのです。

 

例えば利息制限法を超えて払い過ぎた金額については正規の金利で再計算され、もしも払い過ぎている金利があった場合には元金に充当され、充当する元金がない場合には過払い金として請求をします。

 

また任意整理と言うものは法的な手続きではないために、裁判所を通さなければならない義務はなく、ほとんどが弁護士や司法書士を通すことになります。

一番安く済む特定調停

特定調停は債務整理の中でも費用が一番安く済む債務整理の方法になります。

 

基本的は方法と致しましては簡易裁判所に調停を申し立てて、調停委員を仲裁として債権者側と借金の返済方法について協議をして行きます。

 

また債務整理の方法としましては現在残っている負債について利息制限法に基づいて再度計算をして利息が減ることで借金全体が減ることがあります。

負債を軽減させた個人再生

債務整理の中で個人再生と言う方法がありますがこれは比較的新しい方法になります。

 

どの様な方法かと言いますと民事再生法をベースとした形で債務者の負債を軽減させて個人の生活再生のための対策を考えると言う方法になります。

 

また個人再生の大きな特徴と致しまいては、自己破産を除く債務整理に比べると元金の減額幅が大きく、最大で1/5位になることがあります。

 

ですので利用者が増えている債務整理の方法になります。

任意整理ってなんだろう記事一覧

債務整理をすると、ローンを組むことなできないというデメリットが存在します。しかし、自己破産や個人再生などの場合に限りますが、任意整理を行った場合は、ローンを組むことができるのです、債務整理を行う際に任意整理を選ぶ方が圧倒的に多いのです。過払い金などの任意整理を行ったとしても金融機関が受けるダメージが自己破産などとは異なりますので、可能な限りは返済すると考えられています。例えば、過払い金などの場合は...